「新婚さんいらっしゃい!」への道【一次予選編】

毎週日曜日、12:55からテレビ朝日系列局(製作は朝日放送テレビ)で放送されている長寿番組

「新婚さんいらっしゃい!」

の二次予選に私たち夫婦が合格した話は先日投稿しました。

そこで、まずは一次予選合格までの道のりを振り返ってみたいと思います。


出場したいと応募をしたのは約1年前・・・(だったと思います)

応募してまもなく書類が郵送されてきて、エントリーシートを二人でいろいろと考えて記入して、朝日放送テレビさんに返送しました。

しかし・・・まったく音沙汰もなく

「書類選考通らなかったのかもね。」

となかばあきらめていました。

そんなことも忘れてしまっていた9月上旬・・・

妻のスマホに1通のメールが!!

「9月10日(土)に北海道(札幌・旭川)で予選会がありますので参加しませんか?」

という内容でした。

「えっ!?マジ!?」

「今週末じゃん!」

夫婦で番組に出たいと思っていたので、これはチャンス到来!とばかりにすぐに返信!!トォ~!!

追って同様の内容の郵便物も届いたので、念には念を入れてこちらも返送!!

ということで急転直下の出来事でしたが、いよいよ9月10日・・・

札幌市内の某所で行われる予選会に二人で参加しました。

この日は2回に分けて予選会を行っているようでした。

私たちは2回目のグループに参加・・・

一次予選は複数の新婚カップルがディレクターさんや作家さんを相手に質疑応答するような形式でした。

私たちが参加したグループは5組参加していました。

じゃんけんで順番を決めて、私たちはちょうど真ん中の3番目でした。

1組目、2組目のカップルもさすが応募してくるだけあって、おもしろいエピソードをお持ちでした。

いっぱい笑わせてもらいましたっ!!

そして私たちの順番が・・・

はじめはテレビと同じように自己紹介、そして馴れ初めを聞かれ・・・

そこから先は自由演技(笑)でした。

作戦としては私が主にディレクターさんや作家さんの質問を聞いて、妻にパスを出そうと考えていました。

それは思ったとおりにできたと思うんですが・・・

妻はかなり緊張していたようで、めっちゃ前のめり~!!

パスを出したあと収拾がつかなくなり話の終わりが見えずちょっと焦る・・・

時間は測っていないのでわかりませんが、たぶん20~30分くらい時間があったように思います。

十分にアピールはできたと思うのですが、妻の前のめりっぷりがどう出るか!?

予選会が終わったあとは札幌駅付近で反省会&前祝い(笑)

※私たち夫婦は結果が出る前にいつも良い結果が出る前提で「前祝い」をする習慣がある

小樽に戻ったら車に乗るのでノンアルで乾杯し、宴の最中に・・・

妻のスマホに1本の電話が・・・

「一次予選、合格です!明日の二次予選に参加できますか?」

という内容で・・・

「前祝い」が「本祝い」になりました。(笑)

でも、明日かいなぁ~?

翌日の予定は無理やりずらすことに決めて、二次予選参加をその場で決めました。

そして二次予選に向けて「宿題」が送られてきました。

小樽の家に戻ってきたのが21:30くらい・・・

深夜まで二人で「宿題」に取り組み、その日のうちにはまとまらず、翌朝起きてからも「宿題」の続きに取り組み、まとめることができました。

【二次予選編】に続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。